なぜ価格が安くても負けてしまうのか?

自分が扱う商品やサービスがライバル会社に比べて

低価格商品であっても言ってはいけない言葉があります。

それは「安さが売りです!」という言葉です。

価格が他社商品に比べて明らかに安くなる場合でも、

金銭感覚や価格に対する価値観はお客様次第なのです。

逆に価格が安いだけに機能や効果を訝しるお客様も出てきます。

それでは営業マンがお客様に伝えるべきものは

なんでしょうか?

それは「価値」です。

価値をしっかりと伝えた上で

どうしてこの価格で提供出来るのか?

お客様が納得出来る理由をつくり上げる事で、

「安くても価値のあるモノ」として売れていくのです。

a4541fac4ab751b3ec9f6883c40ee73b_s

◼︎まとめ

お客様に伝えるのは価格ではなく価値