必要が無いという理由だけで断れていませんか?

新規商材の営業活動でよく起きる問題として、

必要無いと言われお断りを受けることです。

 

この場合、必要が無い状態というのは、大きく2つのパターンに分かれます。

⑴そもそもターゲットでは無いパターン

⑵お客様が現状で問題無いと思い込んでいるだけのパターン

 

⑴は営業すべきターゲットではなかった場合、クレンジング出来た為、

それはそれでOKという認識で大丈夫です。さっさと次を当たりましょう。

 

問題は⑵のパターンですね。

 

売れる営業マンは、

自分の扱う商品によって現状の状態からあるべき姿に

誘導することがとてもうまいです。

 

当然ながらプレゼンテーションも

現状の状態の把握から始まり、

あるべき姿への気づきを与え、

将来のベネフィットをイメージングさせる流れになっている。

 

お客様の良き理解者であり、良き指導者にもなっています。

◼︎まとめ

必要が無いというお客様は、

現状に問題が無いと思い込んでいる場合があるため、

あるべき姿への気づきと将来のベネフィットをイメージさせる