詳しい説明をしないほうが購買意欲を掻き立てる!?

映画のテレビコマーシャルを見て、

あぁ面白そう!今度見に行こう!と思ったことはないでしょうか。

 

わずか15秒間で映画の数シーンを切り取り紹介しているだけですが、

実はこれツァイガルニック効果と言って、

人間は完全なものよりも不完全なものに対して興味を持つ傾向がある

という心理学の現象なんです。

 

「絶対見ないでね」と言われると見たくなったり、

「あ、やっぱりいいや、この話は」と言われると聞きたくなったりしますよね。

 

とある芸人さんが「押すなよ!絶対押すなよ!」と言うと、

お約束で熱湯風呂に突き落とされて大爆笑が起こりますよね。

実はあれもツァイガルニック効果を利用した

お笑いなのかも知れませんね^_^;

 

あえて詳しい説明しないことで

購買意欲を掻き立てるという演出はもちろん営業でも使えます。

 

例えばテレアポで、

「他の企業様の導入実績などお電話ではお伝えすることが出来ませんので、

 詳しいデータをお持ちしたいのですが、わたくしごとで恐縮ですが、

 今週金曜日か来週の水曜日で~」

とアポイントにつなげるのです。

 

 

◼︎まとめ

あえて詳しい説明しないことで

購買意欲を掻き立てることができる