資料送付で終わらせないアポ取りのコツ

アポの取り方にはひとつ大きなコツがあります。

それは、こちら主導でアポ日時を提示し選択させることです。

アポを取るクロージング部分のトークはこんな感じです。

 

「実は今週の木曜日、午後にA社を訪問する予定がございまして、

 私ごとで大変恐縮なのですが、午前11時か午後13時にお時間を

 頂く事は可能でしょうか?」

 

もし予定が合わないと言われた場合は、

「では来週でしたら比較的何曜日のご都合がよろしいですか?」

と聞き、

 

「その日であればお近くのB社に訪問する予定がありますので、

 13時か15時あたりでいかがでしょう?」

と提示し選択してもらいます。

 

訪問してご案内することの当たり前感を出すのです。

ちなみにいくらお客様の反応が良かったとしても、

そこで詳しい商品説明はするべきではありません。

とにかくテレアポの段階ではアポ取りだけに焦点を当てるべきなのです。

 

◼︎まとめ

テレアポの訪問日時はあくまでもこちら主導で提示し選択させる