テレアポの極意

Category
売り込みをせずに売れていく営業の法則
以前知り合いの女性から聞いた話でなるほどなぁ~ と感じた話がありました。 それは「女性はお買い物は好きだけど、買わされるのは大嫌い。」という言葉です。 女性に限らずお客様は、 営業マンがどれだけ顔を真っ赤にパンフレットを広げ力説しても 悲し...
誰でも簡単に受注率を高められる限定性の法則
テレビ通販を見ていて衝動買いしてしまった経験や、 街を歩いていて、例えば春のクリアランスセールなどで、 買う予定のないものを買ったりした経験はないでしょうか。   これは限定性の法則が効いた可能性がります。   お客様が欲しいと思った商品や...
お願いせずに質の高いアポを取る方法とは
トークスクリプトを作成する上で、一番やってはいけないトークがあります。 それは、 弊社は●●の会社でございまして、●●のご案内でお電話しました。つきましてはまずはご挨拶を兼ねて~ これです。 このようなトークをした瞬間にお客様は営業の電話と...
お客様にストレスなく動いてもらうために心掛けることは
電話でキャンペーンのご案内を行いメール送付後、 後日検討状況を伺うお電話を行う場合に、 ちょっとした案内ひとつでメールの開封率や 反響率に違いが出てきたりします。   例えば、 ⑴先日●月●日にメールを弊社からお送りさせて頂いておりますが ...
テレアポはある意味一番簡単な営業手法です
弊社では営業代行として、様々な営業手法を用いていますが、 私はテレアポが営業手法の中である意味一番簡単な営業手法だと感じています。   それはなぜかと言いますと、 営業手法の中で唯一テレアポだけは、 資料を熟読しながら営業ができる手法である...
新規事業の営業における原則とは
新規事業の営業代行依頼が多い弊社では、 訪販であろうがテレアポであろうが常に大切にしている原則があります。   目の前に営業エリアの地図があることを想像してください。 あなたはどの企業にどのような基準で営業を行いますか?   私たちの答えは...
アウトプットを意識したインプットを心掛けよう
世の中には星の数ほど営業のスキルやノウハウを紹介している本やブログがありますよね。   営業で結果を出した人たちが紹介しているものが多いので、 中には奇をてらった手法もあって役に立たないこともありますが、 重要なことは常に現場でのアウトプッ...
「お客様のために」という伝え方を意識しよう
  自分勝手な振る舞いをする人を見ると嫌な感情が湧きますよね。 人の振り見て我が振り直せ、とはよく言われますが、 意外とアポイントを取るときなど自分の都合を優先した伝え方をされる方が多いです。   ダメな例 「今週は私の予定が詰まってて忙し...
詳しい説明をしないほうが購買意欲を掻き立てる!?
映画のテレビコマーシャルを見て、 あぁ面白そう!今度見に行こう!と思ったことはないでしょうか。   わずか15秒間で映画の数シーンを切り取り紹介しているだけですが、 実はこれツァイガルニック効果と言って、 人間は完全なものよりも不完全なもの...
資料送付で終わらせないアポ取りのコツ
アポの取り方にはひとつ大きなコツがあります。 それは、こちら主導でアポ日時を提示し選択させることです。 アポを取るクロージング部分のトークはこんな感じです。   「実は今週の木曜日、午後にA社を訪問する予定がございまして、  私ごとで大変恐...