説得力のあるプレゼンテーションを短時間で作る方法

営業代行の宿命として、いろいろな商材を扱うのですが、

当たり前のこととして常に短時間で結果を出すこと求められます。

 

B2CもあればB2BもあればB2B2Cもありますし、

一概にB2Cと言っても、単身者向けのサービスもあれば

ファミリー向けもあります。

新規事業で早期に結果を出す場合に、

どのようにして説得力のあるプレゼンを作り出せるのか、

誰にでもできる簡単なノウハウがあります。

 

それは、

すでに結果を生み出している人に出来るだけプレゼン内容を聞くことです。

そして聞いた上でプレゼントークを自分で作り、

ロールプレイングをしてもらいフィードバックを受けて、

精査していくと尚更良いプレゼンが短時間で構築出来ます。

 

もし近くに結果を出している人がいない場合は?

という質問が出てきそうですね。

その場合は、本やインターネットで情報収集し仮説でシナリオを作っていきます。

あとは現場でお客様の反応をもとにPDCAを回していくことで、

プレゼントークをより洗練していくだけです。

 

◼︎まとめ

すでに結果を生み出している人に聞く

聞く人がいなかった場合は仮説でシナリオを作りPDCAを回していく